マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」のマンション購入時と法律


マンション購入時と法律

まず、マンションを購入する場合や賃貸する場合、不動産業者とやり取りをしますね。この不動産業者にも法律が関係しています。不動産業者は宅地建物取引法と呼ばれる法律が関係しており、広告や契約に関連することや説明責任などが定められています。この法律が基になって、宅地建物取引主任者の資格が存在します。

不動産業者を選ぶ際に、宅地建物取引主任者が居れば、その業者は安心できる業者ということになります。そして、いざマンションを購入するときには民法が、賃貸する場合には借地借家法が、適用されます。また、マンションを購入したときには、登記が必要となります。これについて定めた法律は、不動産登記法となります。不動産登記とは、不動産が自身が所有していることを法的に証明するために必要な手続きです。これをしておかないと、不動産の所有権でトラブルになった場合、不利益をこうむることになるでしょう。さらに購入後居住したときは、マンションの管理・復旧などに必ず関わることになります。その管理に関わる法律として、区分所有法があります。この法律は、マンションに住む人たちの生活やマンション管理を円滑にする目的があります。これらの法律すべてを理解することは難しいですが、例えば購入時には民法・購入後は不動産登記法といったように、今の状況からどの法律を見ればいいかわかれば、手続きやトラブル対応や日常生活はきっと、うまく進んでいくでしょう。

こちらのサイトでは、健康になるための成分などを紹介しています。