マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」のマンションと区分所有法について


マンションと区分所有法について

マンションは法律用語で、区分所有建物とよばれています。そして、マンション独自の構造として、2つに分けられます。1つ目に住居する部屋・店舗・事務所といった個人や企業などが所有して使用する専有部分があります。2つ目に、廊下・階段など居住者やマンションの利用者みんなが利用する共用部分があります。区分所有法では、このうち専有部分を対象して、さまざまな規定を定めているのです。

このサイトならマルチビタミンの成分情報などを知る事ができます。

区分所有法は、そもそも民法でまかなえない部分を対応するために生まれました。その内容として、マンションの敷地利用・マンション管理を委託する手続き・マンション居住者の集会に関する内容・マンション管理を法人化する手続き・マンション管理時に義務違反した個人への罰則に関する規定・マンションが破損したときや建て替え時の手続きなどを定めています。これらの内容は、決して特別なことではなく、マンションを居住や利用する人たちには密接に関係するものです。管理組合の規定とかも実際には、区分所有法がベースになっているのです。また、管理組合の運営などで不満がある場合には、区分所有法に沿っているか確認し、改善を求めることができるのです。このように区分所有法は、マンション利用にとって、根底のルールとなっているのです。

健康食品としてローズオイルについてはローズオイルのチカラ特集