マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」のマンションと住宅ローンについて


マンションと住宅ローンについて

マンションを購入する場合、やはり多額の資金がかかります。その資金には、住宅ローンを組んで用意することが一般的です。また住宅ローンには、公的融資と民間融資があります。公的融資は固定金利型となり、低いので返済しやすいというのが特徴です。そして、民間融資は変動金利型や固定金利選択型となっており、金利によっては返済総額が増えてしまうというデメリットがありますね。メリットとしては、公的融資よりも融資を受けやすく、限度額も公的より多くなります。また、公的融資や民間融資を受ける場合、マンションに抵当権が設定されます。抵当権は不動産登記簿を見れば、誰でも確認することが出来ます。しかし、住宅ローンが支払いできない場合には、マンションが競売にかけられ、落札されると所有権と敷地権を失いますよ。もし、住宅ローンを支払いできない場合には、改正民事再生法の住宅資金貸付債権によって、返済猶予や返済期間の延長を受けることができます。住宅ローンに関しての法律を知ることは、生活を守ることにも繋がりますので、是非知るようにしましょう。

こちらで沖縄の生命保険の見直しを受け付けています
各店舗情報を数多く掲載