マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」のマンション購入と資金


マンション購入と資金について

マンションを購入する場合、自己資金が必要です。自己資金は、購入する物件の30パーセント前後は必要と言われています。さらに住宅金融公庫や財形融資だと、その融資限度額は4000万円までだったりと上限の制限があり、また融資できる率も物件価格の80%までとなっています。そして、税金や引越し代なども必要となりますので、自己資本は30パーセント前後は必要とされています。

健康のために必要なローズの情報サイト

マンション購入でかかり費用には、次のようなものがあげられます。まず、手付け金、契約書にはる印紙代・不動産業者への仲介手数料・ローン借り入れ時の印紙代・ローン手数料があります。そして、保険にも加入が必要とされます。保険加入には、任意ですが通常は火災保険料・保証会社への保証料・ローン返済時の死亡に備えた団体信用生命保険料が保険代として必要となります。これらは、マンション購入の必要経費と考えてよいでしょう。そして、日常生活にかかわるものとして、引越し代・家具などの購入費用・必要に応じてリフォーム代などがあります。忘れていけないのが税金です。マンション購入の場合にはさまざまな税金がかかりますね。契約書作成に関する印紙税、不動産登記の際にかかる登録免許税、土地や建物取得時にかかる不動産取得税、市町村が課税する固定資産税があります。また買い替え時には、譲渡税と都市計画法で定められている市外区域内に建物を所有している場合にかかる都市計画税、そして消費税があります。これらの税金は、支払い時期や支払い先が異なりますので不動産業者に確認しながら、滞納しないように納税しましょう。また、参考として、税金はマンション購入時だけでなく、マンションを売却した場合にも所得税・住民税・登録免許税・印紙税がかかります。マンション購入には、お金と同様に法律も多数絡んできます。ほとんどは納税からみですので、これを機会にそれらの法律について、知っておくのもよいでしょう。

亜鉛について知りたい方はこれをチェック
亜鉛の情報サイトです

プロトのGooBikeで250TRを探そう。