マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」のマンションと登記について


マンションと登記について

不動産登記は所有権を明確にするために必要な手続きですね。その登記はどのようなものか見ていきましょう。マンションの登記簿は、まずマンション全体から記載していきます。マンションの所在地・構造・床面積・土地の所在および地番・地目・地積・登記の日付を具体的に書きましょう。次に専有部分についての記載です。所有権などの権利に関する内容を登記していきます。そして、敷地権を登記します。敷地権登記は、土地の所有権移転登記や借地権の移転登記に関わる重要なものです。建物の所有権と敷地権を登記することで、1つの権利のように扱われることになります。しかし、敷地が借地となっている場合には、借地権や地上権を記載します。敷地権登記を行うと建物の所有権と一体化しますので、建物の所有権だけを移転することはできなくなりますので注意して下さいね。最後に目的や日付を登記官が登記し、手続きは完了となります。

なお、登記には2種類あり、その不動産に初めて登記を行うことを保存登記といいます。この場合には、抵当権は設定できません。そして、不動産購入で所有権が移った場合に行う登記を、所有権の移転登記といいます。そして、登記を行う場合には、登録免許税という税金がかかりますので、その代金も用意しておきましょう。

登記については、自身で行うこともできますが、実際には司法書士に依頼する人が多くなっています。また、マンションの場合には不動産業者が司法書士を紹介し、その司法書士はマンションの住民すべての登記の手続きをまとめて行います。その手続きには、さまざまな書類が必要となり、準備が求められます。売主側では権利書・印鑑証明書・資格証明書・物件固定資産税評価証明書となり、住民側では住民票・印鑑証明書・登記に関する委任状・抵当権がある場合には関係する書類などがあります。このような手続きをへて、登記が済むと、マンションはあなたのものとして法的に認められるようになるのです。