マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」の相続人と相続分について


相続人と相続分について

相続を受ける人を相続人とよびますね。相続人や相続の権利については、民法によって定められており、これに基づいて相続が進められるのです。また相続人について、「胎児である場合はどうなるのか?」という声が聞かれます。胎児についても、生まれた赤ちゃんと同様に相続の資格があります。そして何かしらの理由で認知している子どもの場合でも、相続の資格はありますので注意して下さい。しかし、相続できるのは被相続人の実子と比較するとその半分となっています。

健康のためにカシスについて知りましょう。

相続人の法定相続分ですが、順位があります。【第1順位】配偶者や子どもがいる場合、配偶者は相続分の2分の1、子どもが残りを人数分均等に相続します。【第2順位】配偶者がいて、子どもがいない場合には、配偶者は相続分の3分の2、被相続人の親が3分の1を相続します。【第3順位】配偶者はいるが、子どもや被相続人の親がいない場合、配偶者が相続分の4分の3を、被相続人の兄弟姉妹が4分の1を相続します。そして、相続分と共に相続の権利が重要となります。相続人は相続があることを知ってから3ヶ月以内に相続の権利について、単純承認・限定承認・相続放棄のいづれかを行使するか決定しなければなりません。単純承認とは、被相続人の遺産をすべて相続することを言います。この場合には、債務も含まれ、返済の義務も生じますので注意してください。この承認は、限定承認や相続放棄をしなかった場合や相続財産を処分した場合に適用されます。次に限定承認ですが、相続できる財産と債務がある場合に、相続できる財産のみを受け取るものです。よって債務返済も、相続できる分だけが返済範囲となります。最後に相続放棄ですが、これは相続しないということで、相続できる財産や債務を一切受け取らないということです。また、限定承認や相続放棄は家庭裁判所などに手続きをとる必要があります。弁護士などに手続きを確認するようにしましょう。

鉄分の情報満載のサイトはこれ(URL

相続がきまると、3ヶ月という期間内で自身の権利を決定したり、相続分についても法的に決定されているとはいえ、相続人全員での話し合いなどが必要となります。遺産相続でもめるというケースもしばしばもありますよね。しっかり話し合いを行い、手続きなども確認して、遺産相続を進めるようにしましょう。