マンションと法律

マンション情報サイト「マンションと法律」の相続登記について


相続登記について

遺産相続の相続分について相続人どうしで内容がまとまると、資産分割協議書を作ります。そして、この協議書を基にして不動産の場合には、所有権の移転登記を行います。また相続後は、不動産登記の手続きを必ず行っておきましょう。行わない場合には、不動産売買や抵当権設定時に問題になる場合があるそうです。登記をする時には、登記権利者と登記義務者が一緒になって行いますが、相続の場合には相続人のみで行うそうです。また、複数の相続人が居て遺産分割がまとまってない場合には、個人での登記ではなく、複数人の共有として登記を行わなくてはならないようですよ。そして、相続登記の手続きには、相続登記申請書・遺産分割協議書・戸籍謄本・相続人の住民票・印鑑証明書が必要となります。マンションの相続の場合には、売却してその代金を分割するか・相続人の1人が相続し、相続登記を行います。そして、その相続人が他の相続人へ相続分に応じた金銭を支払うこととなります。相続については弁護士に確認を、登記については司法書士に確認や依頼を行なた方が良いでしょう。

健康のために必要な核酸の情報サイト